秋田県秋田市 国道13号線茨島交差点近く 保険入れ歯、自費入れ歯、どちらも対応

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

  • HOME
  • » 保険入れ歯と自費入れ歯の違い

入れ歯治療のほとんどは保険が適用されます。ただし、よりお口になじむものや、見た目が美しい・長持ちする素材をご希望される場合は保険適用外となります。

「自費入れ歯」の例
 ・食べ心地やつけ心地を向上させるために、上あごを覆う部分を薄くて耐久性の高い金属にする。
 ・部分入れ歯のバネを外から見えないものに交換する。
 ・人工の歯の素材をより美しいものに交換する。

 

入れ歯治療は、抜歯・型取り・調整など工程が多岐にわたるため、歯科診療の中で最も経験と技術を要するといわれています。裏を返せば、保険の効かない高級な素材を使っても、歯科医の技量が足りなければ、ぴったりと合った入れ歯をつくることはできません。

あいば歯科では、日常生活を快適に送れるレベルの入れ歯の製作や修理は、保険の範囲内で充分に行うことができます。そのため、初めて来院された方にいきなり自費の入れ歯をお勧めすることはありません。まずは保険適用内で入れ歯をお試しいただき、それが古くなったりもっと良いものにグレードアップしたいと思ったりしたときに、それぞれの目的に見合った入れ歯をおつくりいただければよいと考えています。

 

Copyright © あいば歯科医院 All Rights Reserved.