秋田県秋田市 国道13号線茨島交差点近く

詰め物の治療

  • HOME
  • » 詰め物の治療

詰め物(取れた・挟まる)

あいば歯科の「詰めもの治療」のポイント

その1 外れないための精密な型取り
その2 見た目の美しさへのこだわり
その3 虫歯を進行させない衛生管理

⇒費用について詳しくはこちら

その1 外れないための精密な型取り

詰め物が外れてしまう原因で最も多いのが、治療のために削られた穴と詰め物の形が合わないことです。また、詰め物をした歯と隣の歯の間隔が適正に保たれていないと、その隙間に食べ物が挟まり、新たな虫歯の要因となることもあります。これらを防ぎ、お口の中を快適に保つためには、精密な型取り技術が不可欠です。

あいば歯科では「型取り士」という独自の資格を設け、高度な専門技術を持つスタッフが精密な型取りを行います。「型取り士」の取得には細かな階級ごとに資格試験が設けられています。スタッフはこの資格を取得するまで型取りはもちろん、アシスタントを務めることもできません。

また、型取り剤は温度の変化によって微妙に膨張・縮小します。ごくわずかな変形であっても、詰め物の大きな誤差につながる可能性があるため、専用の保管庫を使い、型取り剤の温度を一定に保つようにしています。

その他、丁寧な研磨を繰り返し行い、詰め物の表面をつるつるにして食べ物が引っ掛かりにくくするなど、患者さんの生活の質の向上を第一に考えた高度な技術によって、外れにくく快適な詰め物治療を実現しています。

img_filling_101
温度を一定に保つ型取り剤専用保管庫

その2 見た目の美しさへのこだわり

虫歯の穴をふさぐという機能面の充実だけでなく、「見た目にもこだわりたい」という患者さんのご要望に応じて、自分の歯の色に合わせられるセラミック素材で詰め物やかぶせ物をおつくりしています。セラミック素材は保険適用外ですが、銀歯やプラスチック素材の詰め物に比べて格段に美しく、自然な見た目となります。

セラミックの詰め物は「セレック」という専用装置で製作するため、この治療ができる歯科医院は限られます。あいば歯科では最新のセレックを導入しており、患者さんの理想に限りなく近づけた詰め物を製作することが可能です。

img_filling_103
セラミック専用装置「セレック」
img_filling_104
最新の技術を使い、詰め物を製作しています

その3 虫歯を進行させない衛生管理

治療中や治療後に患部が虫歯菌に触れると、虫歯が再発します。あいば歯科では、詰め物はもちろん、詰め物をする患者さんの歯も徹底的に消毒します。

患者さんには、治療前に高性能殺菌水でうがいを行っていただきます。高性能殺菌水は、数回のうがいでお口の中の細菌を激減させます。歯を削るときに機械から出る水も高性能殺菌水にすることで、治療箇所から出た虫歯菌も瞬時に殺菌されます。詰め物の接着に使用する接着剤については、虫歯予防の効果が大きく注目されているフッ素に着目し、お口の中でフッ素を発生させる「レジン強化型グラスアイオノマーセメント」という素材を採用しています。

治療を行う器具についても、3台の超音波洗浄機を設置し、衛生管理を徹底しています。洗浄された器具は袋詰めやパッキンを行い、さらに高性能滅菌機で殺菌しています。

img_filling_105
高性能殺菌水で虫歯菌を抑えます
img_filling_106
注目の素材「レジン強化型グラスアイオノマーセメント」

⇒衛生管理体制についてはこちら

Copyright © あいば歯科医院 All Rights Reserved.