秋田県秋田市 国道13号線茨島交差点近く

その他の症状

  • HOME
  • » その他の症状

歯のトラブルでお悩みの方へ

親知らず

「親知らずは抜かなければいけない」と思っている方も多いようですが、必ずしもそうとは限りません。「痛みがある」「将来痛くなる可能性がある」「歯並びに悪影響がある」という以外は、基本的に抜く必要はありません。また、親知らずは気づかないうちに生えていたり、歯ぐきの中から出てこないことがあります。18歳ごろになって奥歯に痛みや違和感がある方は、ぜひ精密検査を受けることをおすすめします。

親知らずを抜歯しなければならない時も、あいば歯科では可能な限り痛みを抑える「無痛治療」を行っています。抜歯後も痛み止めなどを処方し、なるべく痛みを感じずに過ごせるようにします。また、抜歯した個所にコラーゲンのスポンジを入れることもできます。保険適用外となりますが、止血に効果があり、キズの治りが早くなります。

⇒「無痛治療」についてはこちら

歯の痛み

歯の痛みは、歯の中にある神経が刺激されて引き起こされます。神経が刺激される原因は、虫歯、歯のヒビ・欠け・割れなどさまざまです。あいば歯科ではまず痛みを抑える応急処置を施し、痛みが治まった後に原因に応じた治療を行います。

⇒「痛くない虫歯治療」についてはこちら
⇒「ヒビ・割れ・欠け」治療についてはこちら

あいば歯科では、麻酔から治療後まで痛みをほとんど感じることのない「無痛治療」に取り組んでいます。治療は患者さんのご希望を第一に、一緒に相談しながら計画を立てていきますので、まずはお気軽にご相談ください。

⇒「無痛治療」についてはこちら

歯のぐらつき

歯がぐらつく原因はいろいろあります。検査によって原因を特定したうえで、適切な治療を行います。

「ぶつけた」など外傷によるもの

レントゲンや検査によって状態を把握し、ぐらつきを整復固定します。外科的な手術が必要な場合は、適切な医療機関をご紹介します。

乳歯の生えかわり

乳歯の生えかわり時期に歯がぐらつくことがあります。状態を見て、いつごろ抜けるかをお伝えします。ぐらつきを我慢できる場合はそのままにしておきますが、抜いてほしいというご希望があれば痛くないように麻酔をして抜歯します。

⇒「無痛治療」についてはこちら

虫歯

歯が残せる状態であれば、悪いところを削って土台を入れ、かぶせ物を固定します。残せない場合は痛くないように麻酔をして抜歯します。あいば歯科では、麻酔から治療後まで痛みをほとんど感じることのない「無痛治療」に取り組んでいます。費用や期間を含め、患者さんのご希望を第一に治療計画を立てていきますので、お気軽にご相談ください。

⇒「痛くない虫歯治療」についてはこちら

歯周病

歯周病による歯のぐらつきの場合は、歯石のクリーニングを行い、正しいブラッシング法を続けることで大幅に改善することができます。クリーニングは、一般的な歯科医院では複数回に分けて行いますが、その間に菌が再繁殖する可能性があるため、あいば歯科では多くても2回程度で処置を完了します。

⇒歯周病治療について詳しくはこちら

歯が抜けた・折れた

重度の歯周病で歯が抜けた場合、まずは歯周病の治療を行います。痛みや腫れをともなう急性期であれば、つらい症状を抑える処置を施し、症状が治まったあとに歯石のクリーニングを行います。

⇒歯周病治療について詳しくはこちら

転んだりぶつけたなど、外傷で歯が抜けた場合は、レントゲンや検査によって状態を把握し、戻せるようであれば元の位置に整復固定します。歯が折れた場合は、小さな面積であれば詰め物などで元に近い状態に戻していきます。歯の大部分が折れてしまったら痛くないように麻酔をして抜歯することもあります。検査の上、外科的な手術が必要な場合は、適切な医療機関をご紹介します。

⇒「ヒビ・割れ・欠け」治療についてはこちら
⇒「無痛治療」についてはこちら

歯が抜けてしまった箇所については、入れ歯やインプラント、ブリッジなどで元に近い状態に戻すことができます。治療期間や費用を含めて患者さんのご希望を優先しながら、一緒に治療計画を立てていきますので、お気軽にご相談ください。

⇒「歯が無い」場合の治療についてはこちら

歯のすきま

詰め物やかぶせ物の大きさが合っておらず、歯と歯の間にすきまができて食べ物が挟まるような場合は、詰め物やかぶせ物を入れ直すことで改善できます。あいば歯科では「型取り士」と呼ばれる専門のスタッフが精密な型取りを行うので、外れにくく美しい外観を実現できます。見た目が自然なセラミック素材ですきまを埋めることもできます(保険適用外)。

⇒詰め物治療について詳しくはこちら

あごの骨に対して歯が小さいなど、歯と骨のアンバランスよってすきまができている場合は、矯正治療をおすすめすることもあります。あいば歯科ではワイヤー矯正以外にも、お食事の時に取り外せる透明マウスピースを使った治療や、成長期のお子さまの永久歯の生える場所を確保する「リトル矯正」など、さまざまな矯正治療を実施しています。

⇒大人の矯正治療についてはこちら
⇒「リトル矯正」についてはこちら

歯周病が進行して歯にすきまができることも多く、その場合は歯周病の治療を先に行います。歯周病治療では、歯周病菌のすみかとなる歯石のクリーニングを行います。一般的な歯科医院ではクリーニングを複数回に分けて行いますが、その間に菌が再繁殖する可能性があるため、あいば歯科では多くても2回程度で処置を完了します。クリーニングの際に噛み合わせのチェックを行い、正しい位置に歯を動かす治療を行います。

⇒歯周病治療について詳しくはこちら

歯ぎしり

歯ぎしりが原因で歯に負担がかかり、割れ・欠けや痛みが出ている場合は、それを抑えるための処置を最優先で行います。顎関節症になり、あごがこわばったり痛みがあるときは、筋肉のこわばりを取るお薬や痛み止めを処方します。さらに開口練習であごの筋肉のストレッチを併行して行うと、つらい症状はかなり楽になります。

あいば歯科では、歯ぎしりを防止するためのアドバイスや就寝時にマウスピースを装着して歯をガードする方法など、歯ぎしりに関するさまざまな治療をご提供しています。個室のカウンセリングルームでじっくりとお話をうかがい、患者さんのご希望に合った治療計画を立てていきますので、気になることはなんでもご相談ください。

Copyright © あいば歯科医院 All Rights Reserved.