小児歯科・お子様

小児歯科では、主に歯が生えはじめた乳児から歯が生え変わるまでの、お子様の歯のトラブルに対応しています。

あいば歯科ではお子様が「歯医者さんは怖いもの」「歯の治療は痛いもの」という先入観を持たないように、心がけています。

小さなお子様は、歯科医院はもちろん、検査や治療などすべてのことが初めての経験ばかりですので、それだけで怖いものです。あいば歯科は、治療の音が他の診察室や待合室に聞こえない設計になっており、また、薬のにおいもしないよう配慮し、できるだけ「歯医者さんに来た」という印象がないようにしています。また、嫌がるお子様には、無理に早急な治療をすることはしません。痛いところがあれば、まず、痛くない治療で痛みを止めてから本格的な治療に入ります。

⇒痛くない治療について詳しくはこちら

痛みがひどくなければ、最初のうちはただ来てもらって、遊んでいるだけでもいいのです。簡単な歯磨きの指導や、ときには安全な治療器具を見せたり触れさせたりすることもあります。あいば歯科のスタッフは子供好きな者ばかりですので、そんな風にお子様とのコミュニケーションをとりながら、治療を進めていきます。

子供の歯は、大人の歯と比較して柔らかく、虫歯が進行しやすいのが特徴です。ですから早めの治療はもちろんですが、虫歯にならない食生活や歯みがきも大切です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんど虫歯菌を持っていることがなく、口移しでご飯をあげるなど大人との接触で虫歯菌をもらってしまいます。虫歯菌に感染 するのは5歳くらいまでで、その間に感染をしなければ虫歯になりにくいと言われています。ですから、小さいうちから虫歯菌をお口の中で増やさないようにするのも大切です。

また、今のお子様は顔が小さいので、歯並びが悪くなることが多い傾向にあります。早めに来院していただければ、永久歯の生え替わりの時期に合わせて、無理のない矯正治療をすることができます。

⇒矯正について詳しくはこちら