時短インプラント

治療期間が短く、身体への負担も少ない

歯を失ったとき、自分の歯のような感覚で噛むことができるインプラントはとても理想的な治療法ですが、欠点もあります。そのひとつは治療期間が長いことです。
歯が抜けてしまった部分を従来のインプラントで治療する場合、歯茎の穴が治るまで3ヶ月から半年ほど待って手術をはじめることになり、その間は入れ歯をする必要がありました。続いて、顎の骨に埋め込んだインプラントと人工歯が固定されるまで2〜3ヶ月かかり、あごの骨の状態によっては治療期間がさらに伸びることもあります。

このような患者さんの身体と時間の負担を減らし、従来のインプラントよりも費用を抑えることができるのが「抜歯即時インプラント」。治療期間を大幅に短縮できる方法で、歯を抜くのと同時に、インプラントと仮歯を入れることができます。
「抜歯即時インプラント」は、抜歯した穴にそのままインプラントを埋めて、白い仮歯の装着まで行われるため、手術が1回で済みます。さらに、一般的に3ヶ月ほどで治療が完了するので、遠方からの患者さんにも喜ばれています。

「インプラントは難しい」と諦めていた方にも

あごの骨が足りない、薄いことで従来のインプラントを諦めていた方も、「抜歯即時インプラント」であれば治療が可能になります。
インプラントを埋め込むのに必要な骨の高さや幅が不足している場合、今まではインプラント治療は難しいといわれていました。しかし、「抜歯即時インプラント」のように抜歯してすぐにインプラントを埋め込む方法は、将来的にインプラントの周囲の骨が減るのを抑える効果があり、同時に骨の厚みや量を増やす骨造成治療を行うことができます。この場合の手術も1回で済むため、ご高齢の方が選ばれることも多くなりました。

費用
インプラント1本30万円(被せ物別)が標準的な費用です。

注意事項
オペや仮歯作製時期により、手術当日に仮歯が入らないケースもあります。インプラントを入れた方は数カ月に一度のメインテナンスが必要です。メインテナンスや日常の歯磨きを怠ると、インプラント周囲炎が起こることがあります。