くちびる

■あいば歯科の「くちびるの治療」のポイント
その1 まずつらい症状を抑えます
その2 再発を防ぐ治療を行います

⇒費用について詳しくはこちら

■その1 まずつらい症状を抑えます
くちびるやお口のできものの多くは口内炎です。塗り薬や痛み止めでつらい症状をまず抑え、検査によって原因を特定したのちに治療を行います。

・アフタ性口内炎
ビタミン不足や体調不良等で免疫力が落ちているときにおこりやすい炎症です。そのまま放っておいても1週間から10日ほどで治りますが、しみて食事しずらい場合などは塗り薬を処方します。合わせて食生活のアドバイスや、サプリメントをお出しすることもできます。

・ヘルペス性口内炎
ウイルスから引き起こされる口内炎で、比較的症状が軽い単純疱疹と、症状が重い口腔帯状疱疹があります。単純疱疹は自然に治ることも多いのですが、つらいときは塗り薬を処方します。口腔帯状疱疹では、痛み止め及び塗り薬と飲み薬を処方します。

いずれにしても、治療によって今の状態よりかなり楽になりますので、つらい症状をがまんせず、お気軽にご来院ください。

⇒口内炎治療について詳しくはこちら

■その2 再発を防ぐ治療を行います
くちびるやお口のまわりに限らず、炎症は体が疲れているときに起こりがちです。特にヘルペスウイルスが原因の場合、睡眠不足や栄養の偏りなどで、誰でも症状が起きる可能性があります。再びつらい症状が起きないよう、あいば歯科では食生活のアドバイスやサプリメントの処方など、再発を防ぐ治療も積極的に行っています。