秋田県秋田市 国道13号線茨島交差点近く

歯石・黄ばみ

  • HOME
  • » 歯石・黄ばみ

歯石・プラーク・黄ばみ

あいば歯科の「歯石・プラーク・黄ばみ治療」のポイント

その1 スピーディな治療で歯周病菌の再感染を防ぐ
その2 痛くない麻酔で歯ぐきの奥の歯石も除去
その3 ご希望に合わせたホワイトニング治療を実施

⇒費用について詳しくはこちら

その1 スピーディな治療で歯周病菌の再感染を防ぐ

一般的な歯石クリーニングでは、歯ぐきの上と奥を複数回に分けてきれいにしていきます。しかし、あいば歯科では集中的にクリーニングを行い、多くの場合、2回の通院で治療が完了します。時間をかけると歯石をすみかとする歯周病菌が再繁殖してしまい、せっかくきれいにしたところが汚染されてしまう可能性があるからです。

クリーニングでは、歯の表面にこびりついた歯石を超音波振動ではじき取ります。その後、歯石の前段階であるプラークが付着しないように、専用のブラシで歯の表面をなめらかに磨いていきます。処置はすべて高機能殺菌水で消毒しながら清潔に行います。

⇒衛生管理体制についてはこちら

その2 痛くない麻酔で歯ぐきの奥の歯石も除去

クリーニングは「痛い」と思う方もいますが、あいば歯科では痛くないように麻酔をかけながら処置を行います。麻酔自体も表面麻酔をかけるので、あの「チクッ」とした痛みを感じることはほとんどありません。

また、歯石の状態が軽度の場合は、歯の表面(歯ぐきの上)を磨くだけですので、もともと痛みを感じることはありません。あいば歯科では三か月に一回程度の定期クリーニングをおすすめしており、初めは麻酔をかけてクリーニングをしていた患者さんも、いちどきれいにすると次回は格段に楽に処置ができるようになります。

⇒痛くない麻酔についてはこちら

その3 ご希望に合わせたホワイトニング治療を実施

ヤニや黄ばみが気になる場合

軽度であれば一回のクリーニングでかなりきれいになります。ご希望があれば、さらにハイドロキシアパタイトによる研磨をします。歯や骨と同じ成分であるハイドロキシアパタイトで歯を磨くと、歯の表面にある目には見えないキズや凸凹がミクロレベルで補修され、美しい歯がよみがえります。これらの治療はすべて保険の範囲内で行えます。

加齢・体質による歯の黄ばみが気になる場合

クリーニングの後にホワイトニングを行います。ホワイトニングは保険適用外となりますが、表面だけでなく内側の黄ばみも白くきれいにすることができます。これらの治療はすべて患者さんのご希望をお聞きしたうえで行いますので、「結婚式までにきれいにしたい」「なるべく費用がかからないようにしたい」などのご要望や疑問がありましたら、いつでも担当の医師やスタッフにお知らせください。

⇒審美・ホワイトニングについてはこちら

Copyright © あいば歯科医院 All Rights Reserved.