秋田県秋田市 国道13号線茨島交差点近く

歯が無い

  • HOME
  • » 歯が無い

歯が無いことが気になる方へ

あいば歯科では、ご要望に合わせた治療を行います

失った歯の治療には、主に「何もしない」「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」の4つの選択肢があります。
それぞれの治療方法については、メリット・デメリットを詳しくご説明しますので、ご自身が一番良いと感じる治療方法をお選びください。カウンセリング・ご相談はご自身が納得いくまで何度でも受けていただけます。

haganai_001 haganai_002
専用のカウンセリングルームでじっくりお話を伺います 全室個室の治療ブースでプライバシーを確保しています

 

治療しなくて良い場合

欠損した歯が親知らずだったり、奥歯で反対側の歯もなかったりする場合、噛み合わせのバランスがとれていれば治療をする必要はありません。あいば歯科では、歯やお口の中の状態を詳しく診察した上で、治療の有無や最適な治療法についてお話しさせていただきます。治療が必要な場合でも、患者さんのご要望を優先して治療計画を一緒に立てていきますので、歯が無いことが気になる方はぜひ一度ご来院ください。

ブリッジ

欠損している歯の本数が少なく、両隣に健康な歯がある場合は、ブリッジという方法があります。お口の中の状態によってはブリッジができないこともありますので、まずは診察させていただき、患者さんのご要望に合った最適な治療法を一緒に相談していきます。

  <ブリッジが可能な状態>
img_toothless_01

  <ブリッジができない状態>
img_toothless_03img_toothless_02

入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)

通常は1回しか行わない型取りを2回実施し、入念なチェック・調整のもとにぴったりと合う入れ歯をおつくりしています。副院長の相場隆広は、「入れ歯治療日本一」といわれた教授がいる岩手医大に大学院生として入局し、最先端の入れ歯治療を学びました。そこで得た知識をもとに独自の研究を重ねたこだわりの入れ歯づくりは、県の内外を問わず多くの患者さんにご信頼いただいています。

⇒あいば歯科のこだわりの入れ歯づくりについてはこちら

なるべく早く新しい入れ歯にしたいという方は、歯が無い期間を短くする「スピード入れ歯」があります。抜歯をする前に型取りをして、歯を抜いた翌日から入れ歯が入ります。ぜひご相談ください(要予約)。

⇒歯が無い期間を短くする「スピード入れ歯」についてはこちら

あいば歯科では、日常生活を快適に送れるレベルの入れ歯の製作や修理は、保険の範囲内で充分に行うことができます。そのため、初めて来院された方にいきなり自費の入れ歯をお勧めすることはありません。まずは保険適用内で入れ歯をお試しいただき、それが古くなったりもっと良いものにグレードアップしたいと思ったりしたときに、それぞれの目的に見合った入れ歯をおつくりいただければよいと考えています。

⇒「保険入れ歯」と「自費入れ歯」の違いについてはこちら

インプラント

失った歯を自然の歯に近い状態に復元する治療がインプラントです。あごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を固定します。入れ歯と違い、取り外してお手入れする必要はなく、通常の歯と同じように歯ブラシで磨くことができます。

従来のインプラント治療にはおよそ半年以上の期間がかかり、その間は入れ歯をしなければなりませんでした。そこで、あいば歯科では手術当日に仮歯の設置までを行う「1日インプラント」という治療を採用しています。「1日インプラント」では手術時間が短縮できるため体への負担が軽く、費用も従来のインプラントより大幅に抑えることが可能です。

⇒「1日インプラント」について詳しくはこちら

Copyright © あいば歯科医院 All Rights Reserved.