秋田県秋田市 国道13号線茨島交差点近く

あご

あご

あいば歯科の「あごの治療」のポイント

その1 あごが外れた時:痛みもなく一瞬で戻します
その2 痛み、口が開かない、音がする時:外科治療を含めて根本的に治療します

⇒費用について詳しくはこちら

あごが外れた時:痛みもなく一瞬で戻します

あごの脱臼の対処はほとんどの歯科医院で行っています。頬骨のくぼみにあごの骨が戻らなくなっているため、奥歯の部分を持ち上げてもとに戻します。しかし、無理に戻すと痛みを感じることがあるのです。あいば歯科副院長の相場隆広は大学病院の口腔外科で顔やお口の中の構造を解剖学的に学んでおり、痛みもなくほんの一瞬でもとに戻すことができます。

痛み、口が開かない、音がする時:外科治療を含めて根本的に治療します

「痛み」「口が開かない」「音がする」は顎関節症の3大症状といわれています。日常的にあごを使う方が起こしやすいものと、骨格的に起こしやすいものがあり、あいば歯科ではそれぞれに応じた専門的な治療を施します。

筋肉痛が原因の顎関節症

人前で話したり歌を歌ったりする方に多い症状で、耳の手前あたりに痛みを感じます。こわばった筋肉のコリをほぐす薬を処方し、筋肉の痛みを緩和させていきます。まれに歯ぎしりが原因で痛みが起きることもあり、その場合は噛み合わせの調整やマウスピースの装着であごの負担を軽減していきます。

⇒噛み合わせ治療について詳しくはこちら

あご関節に問題がある顎関節症

「口は開くけれど痛みを感じる」という症状の場合、あごの骨と頭蓋骨の間のクッションが外れている可能性があります。詳しい検査で骨の状態を把握し、必要があれば関節液を注入するなどして痛みをやわらげます。合わせて、口の開閉をスムーズにするための運動を行います。

ひんぱんにあごが外れ、くせになっている時は骨にプレートをつける手術を行うこともあります。また、骨が外れたまま癒着してしまったなど、進行した顎関節症でも外科的な措置が必要になります。そのような場合においても、あいば歯科では責任をもって専門の医療機関をご紹介いたしますので、どうぞご安心ください。

Copyright © あいば歯科医院 All Rights Reserved.