オールオンフォー
(1日インプラント)

インプラントとは?

インプラントとは、失った歯を自然の歯に近い状態に復元する治療のことです。
歯は、一度失ってしまうと、二度と自然には再生されません。
失った歯を再生する方法としては、差し歯やブリッジ、入れ歯といったものがあります。
それら数ある再生治療の中で、自然の歯にもっとも近い状態に復元できるのが、イプラントント治療と呼ばれる方法です。

1日インプラントとは?

1日インプラントとはインプラント手術から歯の設置までを1日で行う治療の事です。
従来のインプラント手術には、約6ヶ月もの日数がかかっていました。
しかし、世界一のインプラントセンター院長である、ポルトガルの「パウロ・マロー博士」が開発した、オールオンフォーという方式が、6ヶ月を1日に短縮することに成功しました。
このオールオンフォーという方式を使って、手術から歯の設置までを1日で行うのが1日インプラント治療です。

■従来のインプラント治療を行ったAさんの場合
従来のインプラント治療を行ったAさんは、インプラント手術をしてからも約半年間は入れ歯のまま過ごし、その間の食事はおかゆなど、今までと同じ柔らかいものだけだったそうです。 初めて医院を訪れた日から数えると、歯が入った時には約1年間もの歳月が経っていたそうです。

■1日インプラント治療を行ったBさんの場合
1日インプラント治療を行ったAさんはインプラント手術をしたその日に歯が入りました。その日からご飯やパンなど普通の食事が出来ました。手術の1ヶ月後には、おせんべいなどの堅いものも普通に食べることができました。

ではどうして、従来6ヶ月もかかっていたインプラント手術を、たった1日で完了させることができるのでしょうか。

たった1日で安全に歯が入る理由

1日で安全に歯が入る主な理由は3つあります。

1. インプラントを入れた時点で骨とインプラントがしっかり固定される
2. インプラントの本数が4本と少ないので、手術時間が短い
3. 院内に技工所を持つことで被せものをその日に作成することができる

1. インプラントを入れた時点で骨とインプラントがしっかり固定される

●従来のインプラント手術が6ヶ月も掛かっていた理由

例えば、ゆるい穴にねじを差し込んだ場合、当然、ねじはグラグラしますよね。

従来のインプラント手術は、これに近いものがありました。だから、最初はインプラントと骨の間にすきまがあり、完全には固定されていませんでした。当然、この時点では「噛む」という大きな力を加えることはできません。

そして、徐々に骨が育ってすき間が埋まってきて、インプラントと骨がしっかりと固定されたら初めて、噛めるようになっていたのです。

なお、最初にインプラントを骨に埋め込んで固定することを「初期固定」と言います。
その後、骨が育ってきてインプラントと骨がくっつく(結合する)ことを「生物学的固定」といいます。

従来のインプラントはこの「生物学的固定」を待っている時間が、数ヶ月あったということです。
ではもし、最初からしっかりと固定することが可能だったらどうでしょうか?
これを可能にしたのが「1日インプラント」なのです。
といっても、本当に最初からしっかりと固定できるの?それだけで大丈夫なの?と心配になりますよね。

●オールオンフォーが強い初期固定を得られる3つの理由
・従来よりも長いインプラントを使用

従来よりも長いインプラントを使用することで、より深く足場を確保することができます。建築でも、基礎工事をなるべく地中深くまで施すことで、建物の安全性が高まるのとまったく同じ理屈です。

しかし、その当たり前の理屈を実行しようとして長いインプラントを使用すると、上あごの骨の上にある空洞(サイナスと言います)に突き出てしまいます。

従来のインプラント治療でもこのことはよく理解されていましたので、その空洞(サイナス)までインプラント埋め込みたいのであれば、骨を作って対処していたのです。

もちろん、ゼロから骨を作るわけですから、非常に時間がかかります(骨折だって、直るには時間がかかりますからね)。
ですから、6ヶ月に加えてさらに数ヶ月の長い長い準備時間が必要になっていました。
「せっかく手術をしたのに、いつになったら噛めるようになるの?」と思ってしまいますよね。
そこでマロー博士が編み出したのが、『インプラントを斜めに埋め込む』方法でした。

・傾斜埋入インプラント
上あごの骨の上の空洞(サイナス)を避けて、斜めにインプラントを埋め込むことで、「骨のある場所」にインプラントを到達させることができます。「なんだそんなことか」とお思いかもしれませんが、マロー博士がやるまでは、誰一人としてやったことのない方法でした。

これならちゃんと長いインプラントを差し込んで、最初からしっかりと固定することが出来ます。

・穴の大きさと、インプラントの太さの調整

先ほどお話した、ねじの話を思い出して下さい。

隙間のあるゆるい穴にインプラントを差し込むのではなく、ピッタリの穴にインプラントを差し込むことが出来たら、最初からしっかりと固定されますよね。これは、外科手術の経験が豊富な歯医者さんでないと難しいのですが、「インプラントを入れるために骨に空ける穴」と、「インプラントそのものの太さ」をギリギリのところで調整することによって、かなり強固な「初期固定」を得ることが可能になるのです。

通常のインプラント手術では、分間800回転という高速度で骨に穴を空けます。たしかに、スピーディーに手術が出来るというメリットはあるのですが、どうしても穴のサイズが大きくなってしまいます。あいば歯科では、分間20〜50回転という超低速度で、インプラントが入るギリギリの大きさの穴を空けます。これが、最初から強固に骨にインプラントを固定する秘訣です。

2. インプラントの本数が少ないため、手術時間が短い

●12本の歯を4~6本のインプラントで支えることが出来ます
このように、長いインプラント・傾斜挿入法・ぴったりの穴のサイズという3条件が揃うと、かなり強力な初期固定力が得られることがわかりました。この方法で挿入されたインプラント1本は、従来のインプラント3本分の強度があります。

そこで、インプラント4本に、12本の歯が乗っている形態が考案されました。
これが「オールオンフォー」の名前の由来です。すべての歯を、台形に組まれた4本のインプラントが支えます。
従来法で12本のインプラントをあごの骨に埋め込んだ画像が下記のものです。見るからにあごの骨に負荷が掛かりそうですよね。
また、12本ものインプラント手術を1日で行おうとすれば当然手術の時間が長くなり、体への負担も大きくなります。

それに対して1日インプラントは、4本のインプラントで12本の歯を支えます。画像で見ても、あごの骨に負荷が少なそうですよね。体への負担も最小限に抑えられます。インプラントの本数も4本と少ないので手術も約2時間で終わります。

3. 院内に技工所を持つことで被せ物をその日に作成することができる。

●オールオンフォーができるだけでは1日で歯は入りません

通常のインプラント手術では、インプラントの上に被せる歯の部分は技工所に製作を依頼するため、歯の部分が出来上がるのはインプラント手術を行ってから数週間後になります。
これは、オールオンフォーの場合でも同じで、通常、被せものの部分は技工所に依頼しているため歯の部分が出来上がるまでには数週間かかります。
さらに技工所に被せもの製作を依頼した場合は、技工所から上がってきた被せものを試してみて、合わなければまた技工所に調整を依頼するためさらに数週間かかってしまいます。いくらオールオンフォーを行って1日で手術が終わっても、通常数週間かかる技工所へ依頼していては1日で歯を入れることは不可能です。院内に技工所を持っていて初めて1日インプラントを行うことが可能になります。

1日インプラントでは、午後いっぱいかけて技工士が付きっきりで被せものを作ります。出来上がってからの調整も、その場ですぐにできるためその日のうちに製作から調整まで行うことが可能です。院内に技工所があることでかなりの時間を短縮することが出来るのです。

以上の3つの理由で従来6ヶ月もかかっていたインプラント手術を、たった1日で完了させることができます。

早いだけではない1日インプラントのメリット

・肉体的負担を抑えられる
手術が一回で終了するので、体への負担が大幅に軽減されます。

また、埋め込むインプラントの数が少ないので、術後にお口が腫れることはまずありません。

・金銭的負担を抑えられる
もし同じ本数の歯を治療するなら、オールオンフォーは従来の方式よりも、トータルの費用が少なくなります。従来の方式では、すべての歯にインプラントが必要となるのに対して、オールオンフォーは3本の歯に1本のインプラントで対応できるからです。

・従来不可能だったケースでも手術可能
長いインプラントを斜めに埋め込むので、足場の確保がしやすいという利点があります。歯周病などで骨が損傷していて、従来の部分インプラント方式では手術ができないケースでも、オールオンフォーなら高い確率で手術が可能です。

・わずかな来院回数で治療が終わる
働いていて時間があまり取れない方でも、数回の来院で完結するオールオンフォーなら、はるかに治療を受けやすくなります。

また、お子さんやお孫さんの結婚式に向けてインプラント治療を考えている方も、短期間で治療が終了するので、当日に間に合わせることができます。

・手術の日の夜から食事がとれる
オールオンフォーなら初期固定がしっかり取れるので、手術の日の夜から食事をとることができます。

もちろん1日インプラントは通常のインプラントのメリットも満たしています。
以下は1日インプラント限らない、入れ歯やブリッジなど他の再生治療と比べたインプラント治療全般のメリットとなります。もちろん1日インプラントはこれらのメリットも満たしています。

・強い力で噛める
入れ歯では天然歯の20分の1の強さでしか噛むことができませんが、インプラントであれば天然歯とまったく同じ強さで噛んでいただくことができます。

・臭わない
インプラントは天然の歯と同じですので、入れ歯のような口臭は発生しません。臭いを気にせず生活していただけます。

・取り外して洗浄する手間がない
インプラントは一度設置してしまえば、自然の歯と扱いは同じです。取り外して洗浄する手間が必要ありません。

・異物感がない
インプラントの使用感は自分の歯と同じです。入れ歯や差し歯のような異物感はありません。

・不意にはずれる心配がない
入れ歯や差し歯では、ちょっとした圧力がかかると不意にはずれてしまうことがあります。

インプラントならしっかりと固定されているので、その心配がありません。

・自由な表情が作れる
入れ歯がはずれることや、口臭が気になってしまうと、自由に表情が作れません。インプラントならそのようなことがありませんので、表情が豊かになり、人と会うことに自信が持てるようになります。

骨の状態によっては1日で治療するのが難しい場合があります。
すべての歯がなくなっていて、オールオンフォーの治療を行う場合は、100パーセント1日で手術が可能です。
しかし、歯が残っていて部分的にインプラントにする場合、骨の状態によっては1日で治療を行うのが難しいことがあります。
しかし、その場合でもできるだけ治療期間が短くなるような治療計画をご提案いたします。
専門的でわかりづらい話ですので、もしご不明な点や、ご不安がありましたら、お問い合わせ頂くか、一度初診をご予約下さい。

初診の場合は、まずは通常の保険診療として、患者様の状態を正確に把握した上で、インプラントに限らず、最適な治療をご提案します。

費用
片顎150万円(税別)~

注意事項
オペや仮歯作製時期により、手術当日に仮歯が入らないケースもあります。インプラントを入れた方は数カ月に一度のメインテナンスが必要です。メインテナンスや日常の歯磨きを怠ると、インプラント周囲炎が起こることがあります。